護身空手・挫道塾

夏合宿
Summer Camp
トップへ
トップへ
戻る
戻る


田山淳一

挫道塾TOPページへ
YouTube動画へ
 ZADO-JUKU TOP /
 YouTube Video Clips
 
1. 挫道とは
2. 稽古内容
3. 予定:稽古・行事
夏合宿 冬合宿
4. 連絡・入門
振込先
5. 師範 門下生一覧
塾長手記:今に生きる
1. Concept of ZADO
2. Training Contents
3. Training Schedule
4. Contact/Entry
5. The Othres


 2014年夏合宿


  
今年2018の夏合宿は終了しました
第20回親睦夏合宿 2019
日本武道-護身術連盟・挫道塾

山あり川あり、雪のないゲレンデまでのランニングorウォーキング(往復4〜5km
)そして(「挫道塾とは?」を議題に)座学を行ない、その後は、ゆったり温泉、そして
味、量ともに超満足!の食事も。湯上り(食事時)はギンギンに冷えた(ヱビスの)生ジ
ョッキで乾杯!もちろん飲めない人にも楽しんでもらいます。
 夜はカラオケや楽しい宴会の時間(夜10時以降は自由行動…語らいの時間:武道談
議、恋愛話、人生相談、等に花を咲かせましょう!)も。
 朝起きて一風呂浴びて、朝食にも手を抜かない宿で、尾瀬戸倉合宿を満喫!

※ 今回、道着は着用しません。が門下生は帯のみを持参して下さい。
挫道塾門下生は、柔法用夏着、
その他の参加者は運動のできる服装(短パンとT-シャツ)

☆開催日:2019年8月3日()〜4日(日) 1泊2日

☆場 所:尾瀬戸倉温泉かもしか村 … 関越自動車道沼田ICから車で約40分
     群馬県利根郡片品村戸倉266-1  電話 0278-58-7047 

☆参加費:定員21名<締> 7月4日現在11/定員21
@飲酒者    ¥15,000
A非飲酒者  ¥15,000
B親同伴小中学生¥10,000
C夫婦1組で  ¥26,000
 
振込先りそな銀行金町支店普通口座1087722 MASD 代表 田山淳一 

○参加費には滞在費、2回分食事代(初日夕食と翌朝食)、飲み物代(@は酒類を含む)、旅行実行経費、保険
料、挫道塾本部利益等が含まれます
◆家族で一部屋をご希望の場合は、最低料金を¥36,000(夫婦+子供1人までの例)とします。
※交通費と昼食代(初日は宿の『そば屋』、帰りの日はパーキングエリアで)は含まれません
※小・中学生はなるべく保護者同伴で参加する事。子供だけの場合は、@自分のことは自分で出来ること。
A健康に問題が無いこと。万一大きな事故やケガ、病気の時は保護者が迎えに来られること。B保護者の責
任で参加させること。等を条件とする。

 諸事情を鑑み、2016年より夏合宿の拠点を冬合宿と同じ尾瀬戸倉に移し執り行うことと致しました。昨
年夏の例では思いのほか快適で充実した夏合宿でした。アウトドアキャンプとは違い、多くの荷物の搬出入
作業も、調理作業や食料、備品等の大掛かりな買出しもなく、その分、今回も一泊ですが、稽古(運動)や
エンターテイメント?にその分労力と時間がさけるのがメリットです。決して楽を選んだわけではなく超多
忙な環境の中での無理や事故を事前に防ごうという塾長のご意見を実行に移すことに致しました。また、既
に周知のとおりパーキンソン病にかかっておられる塾長から直にご指導を受けられる期間があと何年残され
ているか分からない状況です。合宿に参加し、この機会に普段訊けないお話なども聞いてみてはいかがでし
ょうか。<執行委員一同> 普段通りの道場稽古では、パーキンソン病患者と組手やスパーリングができる
と言った他ではできない貴重な体験をすることも出来ます。


執行委員:田山一平、直田広夢、中嶋聖明、藤原ひであき
主催:挫道塾(塾長・田山淳一)/協賛:ミシガン金町、他

今年の夏合宿からは尾瀬戸倉・雪の無いゲレンデ(宿から往復約5kmのランorウォーク)

立ち基本稽古
 
昼食は宿の「そば屋」で好きなものを注文、そばは手打ち
この後、川遊びや昼寝の後、1時間の挫道講座

    

   
夕食:これで全部ではない!質も量も満点!
 
   食事はテーブルに一度には置ききれない      乾杯はヱビスの生ビール/飲めない人はお好みで


朝は座禅から



挫道塾TOPページへ
YouTube動画へ
 ZADO-JUKU TOP /
 YouTube Video Clips
 
1. 挫道とは
2. 稽古内容
3. 予定:稽古 他
夏合宿
4. 連絡・入門
振込先
5. 師範
1. Concept of ZADO
2. Training Contents
3. Training Schedule
4. Contact/Entry
5. The Othres